中学・高等学校-中高一貫6年制- 教育の特色

HOME > 中学・高等学校 > 教育の特色

6年間の流れ

慶進の誇りを胸に、後輩たちにもその精神は受け継がれていきます

学ぶ楽しさ、学ぶ慶びを知らなければ、生涯にわたって役立つ本物の学力を身につけることはできません。慶進では6年中高一貫のメリットを活かし、6年間を2年ごとに3つの成長ステージで構成しています。まず勉強の面白さを知ることから指導し、身につくまで、深く理解させ、生徒一人ひとりに、着実に、生涯にわたって役立つ学力を養成していきます。同時に、学校内外の様々な体験活動や異年齢集団による交流活動の中で、豊かな人間性、ともに生きる力を育み、次世代のリーダーとなる人材を育てます。

1stステージ

1・2年(中1・2) 基礎学力養成期

学ぶ楽しさを知り、友達をたくさんつくり、学校生活を好きになる。

学ぶ楽しさを知り、読書や家庭学習が習慣となる姿勢を育てます。また、毎日の学校生活を通して基本的生活習慣や規律ある学習態度を養い、知識だけでなく社会のルールや礼儀、マナーを身につけます。

1stステージ

 

2ndステージ

3・4年(中3・高1)実力充実期

目標をたて、興味があることに挑戦し、大きく成長する。

社会に目を向け、個々の興味の幅を広げ、自分の将来像を考える機会を多く持ちながら、自主学習の習慣を身につけ、学習に対する積極的な姿勢を育てます。

2ndステージ

 

3rdステージ

5・6年(高2・3)発展応用期

蓄え高めてきた力を発揮し、希望大学への合格を果たす。

明確な目標を持ち、その達成に向けて最後まであきらめない姿勢を育て、大学受験で現役合格を果たすために邁進していくステージです。

3rdステージ

 

中高一貫教育のサポート体制

教育相談(中学校)教育相談(中学校)

学期に1回、教育相談週間を設けています。担任がクラスの生徒一人ひとりと1対1で話しをします。堅苦しいものではなく、勉強の相談をしたり、悩みや不安を解消すべく一緒に考えたり、ただ楽しくおしゃべりをしたり・・・担任も一人ひとりとゆっくりと話せるので、この時間を大切にしています。

駿台サテネット駿台サテネット

駿台の大学入試センター試験・難関大学入試対応の映像講座をテキスト代のみで受講することができます。基礎力の定着を図り、応用力と実戦力を身につけます。

個別面談(高校)個別面談(高校)

担任や教科担当が個人面談を積極的に行い、各生徒の適切な進路決定をサポートします。総合的な学習の時間やLHRでのキャリア学習と連動させ、各大学や入試に関する情報提供、日々の学習に関するアドバイスを通して、生徒一人ひとりの夢の実現をめざしています。

Le Monde de Keishin「慶進の世界」Le Monde de Keishin

年2回発行される慶進中学校・高等学校の広報誌です。各号のテーマに沿った「慶進の世界」について、多くの在校生や卒業生の声を記事にしています。また、進学指導部による「進学羅針盤」や各号の特集で保護者の方にお伝えしたい情報も掲載しています。慶進生と保護者・地域の方々を結ぶ重要なツールです。

このページの先頭へ