中学・高等学校-中高一貫6年制- 進路

HOME > 中学・高等学校 > 進路

進路指導

可能性の中から歩む道を選び、社会に有為な人となる

 早くから自分の将来を見つめる時間をつくり、さまざまな体験行事や大学訪問などによって、具体的な将来像をイメージして進路を決定していきます。これまでの大学合格実績は、未来に向けてたゆまぬ努力を重ねた6年間の学びが結実した、慶進生の挑戦の足跡です。

 

体験学習による豊富なキャリアプログラム

 急速に変化する社会情勢に伴い、「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働する力」が必要とされ、2020年の入試改革ではこれら「学力の3要素」を多面的に評価すると言われています。それは、今机の上で行っている学習を世の中の現実と結びつけ、社会の中の問題を発見する力を育てようとするものです。
 慶進中学校が開校当初から行っているディベートや、さまざまな行事を通して行う調べ学習とプレゼンテーション、マイテーマの設定や論文作成は、まさに教科書の学習と社会の現実問題をつなぐ学習です。
 また、昨年より新たに始めた「協働ネット」では、地域社会の方々とコラボレーションして活動することもできます。このように本校には中1から高1まで校外理科学習、校外地理歴史学習、修学旅行・・・と多彩な行事を通して社会を見て、自分なりのテーマを発見して追求するキャリアプログラムがあります。

進学指導部 部長 奥迫美恵子

 

受験対策

大学訪問

 中2の修学旅行で実際に大学のキャンパスへ行くことで、本やインターネットの情報とは違った生きた体験ができます。模擬授業を受け、大学教授の話を直接聞くことができ、将来のことをより真剣に考える機会になります。

実力強化合宿

 中3の春休みに、3泊4日の実力強化合宿を行います。予習・授業・復習の学習サイクルを再確認します。中高一貫6年間の折り返しとなるこの合宿で仲間とともにすごし、高校生としての自覚を持ちます。

駿台サテネット

 駿台の大学入試センター試験・難関大学入試対応の映像講座をテキスト代のみで受講することができます。基礎力の定着を図り、応用力と実戦力も身につけます。自分のスマートフォンやパソコンでの受講も可能になりました。

大学合格報告会

高3の志望大学合格者が、合格直後に後輩に向けて報告を行います。先輩の達成感に満ちあふれた自信ある姿は、後輩のあこがれや目標となります。質疑も活発に行われるなど、生徒にとって有意義な会となっています。

このページの先頭へ