中学・高等学校-中高一貫6年制- 教育の特色

HOME > 高等学校 > 教育の特色 >グローバルコース

グローバルコース

 部活動に追われる毎日では確かに将来が不安になるかもしれません。グローバルコースからは東大や医学部への実績はありません。しかし、慶進に蓄積された学びから部活動などの自分のやりたいことと進学の両方を諦めないで両立させた実績があります。部活動や生徒会など本気になれる場所がある人ほど、努力の仕方を身につけて夢の実現を図っています。

学習活動

新入試対応

 2021年度入試よりセンター試験が大学入学共通テストへと変更されます。知識を身につける学びから、「どう考え、どう表現するか」が求められる学びへと変わっていきます。国立大は学校推薦型選抜・総合型選抜の定員を全体の30%まで拡大する目標を示しており、より一層これからの入試制度の重要性の高まりも予想されます。慶進のグローバルコースでは、以前から推薦・AO入試を使って多くの合格者を出してきました。その強みを活かし、グローバルコース独自の取り組みで新入試に向かっていきます。


グローバルコミュニケーション

 看護体験、自衛隊、絵本の読み聞かせ、地元の商店街など様々な職業に触れる探究活動の豊富さがグローバルコースの特色です。今自分ができることは何だろうと自問自答するなかで「なりたい自分」が形づくられていきます。世代の違う人達とのコミュニケーション、同じグループでの協働作業など校内だけでは得られない貴重な体験ができます。最後に仕事についてプレゼンテーションを行い、思考力・表現力が磨かれ、入試での面接や小論文で活かされます。


ベーシックプログラム

 高校生活に入ると学習内容が難しくなり、範囲も広くなるため勉強につまづく生徒が見られます。その背景として中学校との「自主学習の時間」の違いがあり、中学校では約3割の人が、「家で勉強を始める時間」を決めていません。しかし、高校1年生で成績の高い生徒はなんと約7割が帰宅後の学習時間を決めており、自ら学びに向かう生徒が成績を向上させています。そこで、1学期間はBasic Programで、英国数を中心に中学校内容のまなび直しを行います。勉強の仕方を身につけてこの期間に学習習慣を確立します。知識を蓄えることはすべての基礎となっているので高校生活のはじめの基礎の徹底が成功の秘訣です。

インテンシブ・イングリッシュ

 英語教育に力を入れて取り組み、「オンライン英会話」や「異文化交流会」を行います。オンライン英会話では海外のインストラクターと1対1の会話をします。一人ひとりが画面に向かっていきいきと話す姿が見られます。また、「異文化交流会」ではアメリカ、韓国、スペインなどの国際交流員を招き、海外での生活や文化を学びます。ときには日本の文化を伝える活動をし、自国について深く考える機会となります。慶進では全教室の電子黒板やClassroom(インターネット上の学級)などICT環境が充実しているため、様々な取組みが実現しています。

カリキュラム

2020年度 カリキュラム

グローバルコース カリキュラム

時間割例

高校1年時間割例

グローバルコース 時間割例

大学合格実績

主な国公立私立大学(過去3ヶ年)

  • 山口大学
  • 山口県立大学
  • 山口東京理科大学
  • 下関市立大学
  • 北九州市立大学
  • 青山学院大学
  • 明治大学
  • 立命館大学
  • 山口学芸大学
  • 西南学院大学
  • 福岡大学
このページの先頭へ