学校紹介

HOME > 学校紹介 > 概要

概要

校名である「慶進」に込められた想い

「生徒一人ひとりが慶びに満ちて進む学校でありたい」という夢と、「生徒一人ひとりの慶びや実り多い指導に進取の精神で取り組む学校でありたい」という情熱をもって、慶進中学校・高等学校は存在しています。

校訓

一、独立自尊
自分を大切にし、個性を磨き、特技・特性の習得や能力の向上により生きる力をつける。

一、至誠一貫
夢を抱き、志を立て、一つひとつ目標をめざし、心をこめて努力する。

一、敬愛感謝
挨拶や身だしなみを心がけ、人としての在り方や生き方を考え、豊かな心を養う。

 

沿革

創立者

二木 謙吾 (1897~1983)

山口師範学校(現山口大学教育学部)卒。
「至誠」を生涯にわたる信条とし、小学校教員として教育者の第一歩を踏み出し、 37歳の若さで宇部小学校(現上宇部小学校)の校長(当時宇部市最年少)となる。
その後、昭和17(1942)年宇部女子商業学校校長に就任。昭和20(1945)年に財団法人宇部女子商業学校(慶進高等学校の前身)を設立し、理事長に就任。学校経営に情熱を傾けるかたわら、昭和22(1947)年より山口県議会議員を3期つとめ、副議長、議長を歴任する。昭和37(1962)年より参議院議員を3期つとめ、国や地方の教育振興に奔走し、この間、昭和41(1966)年に宇部女子高等学校美祢分校(現 成進高等学校)と宇部中央自動車学校、昭和43(1968)年に山口芸術短期大学を設置する。
昭和54(1979)年、勲一等瑞宝章を授与される。 昭和58(1983)年12月永眠。

略年表

1942年(昭和17年)
二木謙吾 宇部女子商業学校校長に就任
1945年(昭和20年)
二木謙吾 財団法人宇部女子商業学校を設立し、理事長に就任
1948年(昭和23年)
学制改革により宇部学園女子高等学校と改称し、宇部学園女子中学校を設置
二木謙吾 校長に就任
1951年(昭和26年)
財団法人から学校法人宇部学園に改組 二木謙吾 宇部学園初代理事長に就任
1955年(昭和30年)
宇部学園女子高等学校普通科を設置
1965年(昭和40年)
宇部学園女子高等学校を宇部女子高等学校、宇部学園女子中学校を宇部女子中学校にそれぞれ名称変更
1984年(昭和59年)
二木秀夫 宇部学園第二代理事長に就任
2002年(平成14年)
宇部女子高等学校を慶進高等学校へ名称変更、普通科を男女共学へ
2004年(平成16年)
慶進中学校を中高一貫教育校として再開
2007年(平成19年)
慶進中学校より中高一貫コース一期生が慶進高等学校へ進級し、普通科3コース制がスタート
2015年(平成27年)
二木秀夫 宇部学園学園長に就任
二木寛夫 宇部学園第三代理事長に就任

 

校章

校章

千年万年永久に生成発展して止まない学校をあらわす。

建学の精神である独立自尊・至誠一貫・敬愛感謝の三つの校訓をあらわす。

教育の成果をあげるための学校・生徒・保護者の連帯をあらわす。

 

スクールマーク

スクールマーク スクールマークは、高等学校共学化、及び校名変更を機に設定しました。
「生徒一人ひとりが慶びに満ちて進むことに、学校全体が進取の精神で取り組む」という校名にも込められた想いをもとに、KSという文字を先進性を感じるデザインでマーク化しました。
3色の色分けは、高等学校アドバンスコースをブルー、高等学校グローバルコースを紫紺、中高一貫コースをエンジで表現しています。
また、KEISHINの英文ロゴを併記することで、中高一貫校と高等学校がそれぞれに築いていく魅力を「慶進」というブランドへ統合していくことを意味しています。

 

校歌

校歌を聴く

校歌を聴く

 

このページの先頭へ