HOME > 慶進の仲間たち >vol.8 李 卓衍・中野 明日香

慶進の仲間たち

今回は、第56回宇部ユネスコ英語暗唱弁論大会において、中学の部・高校の部それぞれで見事優勝した李さん(中学2年生)と中野さん(高校2年生)を紹介します。

vol.8 李 卓衍・中野 明日香

vol.8 李 卓衍・中野 明日香 - 中学2年・中高一貫コース2年


李さんと中野さんに1問1答!

  • 大会に出場しようと思ったきっかけは?
    【李】堂々とした自分の姿を見たいと思ったのと、スピーチは自信がないとうまくいかないものなので、自信をつけるきっかけにしたかったからです。
    【中野】1年生のとき、参加したいと思ったのですが、出場できなかったのでリベンジしようと思ったからです。

  • 一番大変だったことは?
    【李】自分のスピーチと向き合うことです。なかなか自分のスピーチの録音やビデオをみる勇気がなく、改善が難しかったです。
    【中野】文章を作ること。日本語でまとめた文章を英語でうまく表すのが難しかったです。

  • 英語が上手になるまたは好きになる秘訣はありますか?
    【李】上手く話せないと思ったら「聞く」から始めてみてください。
       オススメは「YouTube」、英語圏のYouTuberの動画がおもしろくてハマリますよ(笑)
    【中野】映画やゲームなど興味がある事で英語に触れると好きになれると思います。

  • 最後に、好きな英語のフレーズとその理由も教えてください。
    【李】Some infinities are bigger than other infinites -無限よりも大きい無限がある-
       理由は、人生という無限に感じるものよりも大きい"世界"があると思うと、人生の困難なんてちっぽけなものだと感じるからです。
    【中野】Actions speak louder than words -不言実行- 
        理由は、日本語でも英語でもかっこいいからです。
このページの先頭へ