HOME > 慶進Lib.Letter >vol.3

慶進Lib.Letter

「慶進Lib.Letter(リブレター)」では、本校の図書室に配架されている図書の魅力や読書の持つ魅力を、HPを通してどんどん発信していきます☆
慶進生はもちろん、たくさんの方々に本校の図書室を、そして読書を大好きになってもらえたらと思っています。

※Lib.Letter(リブレター)=Library Letter

vol.3

 今回は英語多読教材の紹介です。多読とは、「辞書を引かない」「分からない語は飛ばす」「面白くない本は読むのをやめる」ということをルールに1週間に1度取り組んでいます。
 そこで、アドバンスコース2年生のみなさんに話を聞いてみたところ、多読と前田先生の英語の授業で、「大嫌いだった英語が大好きになった!!」「英語長文読解の内容が徐々につかめるようになった」などなど、大反響です。

Sally‘s Phone

CHRISTINE LINDOP

 この本は、タイトルにもあるように主人公Sallyの携帯電話に絡んだ話で、他人が自分の携帯を間違えて持っていってしまい、その後ふたりはどうなるのかというストーリーです。短い話で、単語・文法も簡単なので、多読が初めてでも読みやすくてオススメです。

The Mystery of Manor Hall

JANE CAMMACK

 おじのヘンリーが住んでいる邸宅はとても大きく、古くて薄暗い。おじは、家に着いたトムとミリーに早速注意しました。それは、『家は自由に使っていいが、音楽室に絶対に入らないように』ということでした。真夜中にその音楽室に入ってしまったふたりは・・・。挿絵も多くてとても読みやすい、ミステリー作品です!」 

このページの先頭へ