中学・高等学校-中高一貫6年制- 進路

HOME > 中学・高等学校 > 進路

進路指導

可能性のなかから歩む道を選び、社会に有為な人となる

早くから自分の将来を見つめる時間をつくり、さまざまな体験行事や大学訪問などによって、具体的な将来像をイメージして進路を決定していきます。この大学合格実績は、未来に向けてたゆまぬ努力を重ねた6年間の学びが結実した、慶進生の挑戦の足跡です。

 

激変する社会情勢を見すえた進路指導

世界情勢の変化、人工知能(AI)の進化、加速するグローバル化、生産年齢人口の減少・・・これから皆さんは様々な環境変化の中で生き、その変化に向き合っていくことが求められます。必要とされる力もこれまでとは当然異なります。情報処理力から情報編集力へ。頭の回転の良さから頭の柔らかさへ。2020年から実施される大学入試の新テストは、まさに新時代に向けての大改革といえます。慶進の中高一貫コースは、早くから新時代を見すえて、そこで強く生きていくための能力を養うべく、アクティブラーニングを多く取り入れたキャリアプログラムを用意し、6年間じっくりと一人ひとりを育てています。全教科・全行事を通して新テストに対応できる力を養っていきます。 まず強い志を抱き、高い学力と人間力をつけて、将来なくてはならない「人財」として活躍してくれることを信じて指導を行っています。

進学指導部 部長 岡﨑史恵

 

受験対策

大学訪問

実際に大学のキャンパスへ行くことで、本やインターネットの情報とは違った生きた体験ができます。また、模擬授業を受け、大学教授の話を直接聞くことができ、将来のことをより真剣に考える機会 になります。

実力強化合宿

中3の春休みに、3泊4日の実力強化合宿を行います。予習・授業・復習の学習サイクルを再確認し、他にも社会人の講演や、卒業生との交流会などで大学生活や専門の勉強についてのアドバイスをもらいます。

2ndステージファイナル

この行事は単なる文理決定ではなく、自分が学ぶ学問領域・職業観から学部学科を決定し志を立てる、セカンドステージの集大成となる取り組みです。志望理由書を作成し、面接に臨みます。事前に自分の学問領域に関するテーマ・課題で小論文を書き、同じ学問領域でグループをつくりディスカッションも行います。卒業生がアドバイザーとして各グループについてディスカッションを行い、その内容を集約したプレゼンテーションも行います。

大学合格報告会

高3の志望大学合格者が、合格直後に後輩に向けて報告を行います。先輩の達成感に満ちあふれた自信ある姿は、後輩のあこがれや目標となります。質疑も活発に行われるなど、生徒にとって有意義な会となっています。

このページの先頭へ