中学・高等学校-中高一貫6年制- GLP

HOME > 中学・高等学校 > GLP >グローバル・リーダーズ・プログラム(Global Leaders Program)

グローバル・リーダーズ・プログラム(Global Leaders Program)

思考力・問題解決能力を育成し、リーダーシップを発揮できる人をめざして

 本校では、次世代のリーダーを育てるべく、さまざまな活動を展開しています。活動を通して、生徒が志を立て、確かな学力を備え、高い人間力を養い、社会で活躍することをめざしてきました。先輩たちが経験と成果を蓄積してきたこれらの活動を、グローバル・リーダーズ・プログラム(以下、GLP)として、体系的に位置づけて再構築し、積極的に推進していきます。持ち得る知識を活用して、興味関心を高め、主体的に問題意識をもって行動できるように促す狙いがあります。日本国内はもとより国際社会で通用する能力を備えた人材となるよう、教師陣が強力な支援をしています。

企画・運営力を育む

 世界のリーダーになるためには、「志」が求められます。自分が何になりたいか、自分は何を成し遂げたいのか、その「志」を持ち至誠一貫で己の道を切り開いて行かなければなりません。しかし、その「志」は自分だけのものではないでしょう。自らの「志」を成し遂げるには、必ず仲間が必要です。自分の思い描くビジョンを仲間と共有し、企画して具体化し、それを運営していかなければなりません。そこには前を進む先導者と協力者が必要となり、仲間とともに何かを企画し、運営する力を養います。慶進ではこの力が自らの「志」を実現する源になっています。
 例えば中学校の生徒会では、生徒会長・副会長だけでなく、中央委員のメンバーが学校生活のあらゆる活動を企画し、運営します。そして、全ての慶進生が彼らを支えます。高校に進級すると、この経験が慶進生をさらに飛躍させます。アドバンスコース・グローバルコースと多彩な仲間とともに慶進中学校・高等学校をつくる過程の中で、世界のリーダーとしての力を養います。

スポーツフェスティバル(生徒会活動)

 スポーツフェスティバルは中学1年生から3年生までが三色に分かれて、様々な競技を通して互いに競い合い、高めあう行事です。ソーラン節や騎馬戦、応援合戦など様々な競技があります。また、これらの競技を生徒主体で企画したり、実施したりしていくことで、企画力や運営力、リーダーシップを養います。

慶進祭(生徒会活動)

 慶進祭は、中学生と高校生とが一緒に取り組む行事です。生徒会も高校生徒会と協働して企画・運営を行っていきます。ステージ部門では全校生徒の前で発表したり、裏方の仕事を行ったりとリーダーシップだけでなくフォロワーシップも発揮しています。高校の先輩たちの姿を間近で見て、学び、成長する機会にもなっています。

知識に基づいた対話・議論の資質を養う

 世界のリーダーになるためには、「学力」が求められます。それは知識を吸収するだけではありません。知識を詰め込むだけでは世界のリーダーとして活躍することはできないでしょう。その知識をどのように活かすのか。また、その知識をどのように人に伝え、人の知識を吸収するのか。さらには自分の考えを相手に伝え、相手の考えをくみ取り、さらによいものに昇華させるのか。そのために慶進では人と対話する力、議論する力を養います。自分という軸をしっかり持ち、仲間と共に世界を切り開く力を身につけます。
 この力はディベートはもちろん、他のGLPの活動の中で常に養っています。GLPの活動では、繰り返し活動内容をまとめ、プレゼンテーションを行い、常に仲間との対話・議論によって深化し、具現化していきます。

熱い議論を交わす校内ディベート

 学校や社会で行う活動の最もコアなサイクルは、「情報を集め、思考し、表現すること」です。ディベート学習では、「適切な情報を収集し、論理的な意見を構成する」「他者と議論を深め、協働しながら問題の解決を図る」「自らの考えを第三者にうまくプレゼンテーションする」といった、今後求められる能力の土台を築いていきます。

知的好奇心を育む

 世界のリーダーになるためには、「人間力」が求められます。知的好奇心を育むことで、「人間力」を成長させることができます。慶進生一人ひとりはかけがえのない存在で、自己の視点を持っています。その視点から世界をみつめ、自らの知的好奇心が掻きたてられるものを発見し、探究していきます。その活動は常に新鮮で、心踊り、知的充足感を得ることができます。そして、その知的好奇心を満たす活動が、慶進生の「人間力」を磨くのです。GLPでは中学校三年間をかけて、自らの知的好奇心を充足させる活動の成果として修了論文を作成します。執筆の過程で慶進生は悩み、考えます。だからこそ完成した論文の一つひとつがたいへん魅力的です。その論文に現れた個性が、生徒一人ひとりの「人間力」となっています。

門司港レトロフィールドワーク

 班別の事前発表と現地調査・まとめ発表、個別でのポスター発表を軸に展開されます。活動班は個々の興味関心のある分野をもとに構成され、好奇心を仲間と共に深めます。また現地調査の内容は各班に全て委ねられ、企画力を養います。最終的には二度の発表で培った力を個の力に昇華します。

修了論文

 中学校3年間のGLPの総決算として、中学校3年次に修了論文を執筆します。自分の興味関心のある題目を決定し、調べ、考察し、まとめます。そして、完成した修了論文の中から選ばれた数点の論文をGLP報告会で発表します。中学校全学年が発表を聞き、投票し、金賞・銀賞・銅賞を決定します。

自己を確立し、自己実現の力を育む

 世界のリーダーとなるためには、まず「志」を持ち「学力」をつけながら、「人間力」を鍛えていくことが必要です。幅広い学習や体験を経て、最終的に自己を確立し将来に向けて自己実現していく力を養うことができます。GLPでは、自己を確立していくために多くのプログラムを用意しています。その体験学習の一つが「萩往還」。これは先人に学ぶ学習です。中学2年生と高校2年生が吉田松陰先生はじめ維新の志士たちがかつて歩いた萩往還を歩きます。中学2年生にとっては高校2年生と語りあうことで自己の未来像を思い描き、高校2年生にとっては自分が歩いた道を振り返る機会となります。また、東京修学旅行、海外語学研修、農業・漁業体験、海外修学旅行などを通して本物の芸術、異文化、歴史ある技術や仕事の数々に触れます。これら多種多様の「本物」に触れる経験を経て、自分の興味知識の幅を広げ、自己実現の方向を探ることができます。

中2修学旅行

 東京大学で講義を受けるほか、東京証券取引所や全日空機機体整備工場の見学、劇団四季の観劇を通して、自らの興味関心を探り、将来の自分を思い描きます。修学旅行で「本物」に触れながら、自分の将来像を具現化することで、自らの学ぶ意義を見出し、自己実現の力を育んでいきます。

  

このページの先頭へ