高等学校-3年制- 心の教育

HOME > 高等学校 > 心の教育

体験学習

多彩な学校行事を通じて、豊かな人間力を養う

規律を守り、落ち着いて人の話を聞き、考える姿勢を育てる。社会と自分との関わりに目を向け、社会性やコミュニケーション能力を養う。豊かで、確かな人間力を高めるために、本校ではさまざまな学校行事を展開し、生徒一人ひとりの心の成長を見守っています。


アドバンスコーザ


アドバンスコースでは、高校生としてだけでなく、人としてより幅広い視野と教養を身につけるキャリア教育の一環として、社会人の講演会を定期的に実施し職業観を育成していきます。在学生の保護者の方にも協力いただきながら、「働くとはなにか」「社会で活躍するためには」など、より現実的に社会的な視点でのお話をいただきます。


テイクフォーツ


アドバンスコースの行事の一つに、毎年5月に近隣にある常盤公園にて写真の撮影会を行うイベントがあります。ものの見方、とらえ方を思い思いの写真として作品にしていきます。班毎にその写真をモチーフにした川柳を創作し、後日発表を行い生徒同士で優秀作品を選定します。

萩行路

校訓である「独立自尊・至誠一貫・敬愛感謝」の意識づけと郷土の歴史と文化を学習する機会。またグローバルコースへの帰属意識を高め、より良い集団の形成を目的として、毎年5月に2年生が中心となり1年生との縦割り班にわかれ、歴史の道「萩往還」を歩くイベントです。異学年生との交流の中でコースの伝統やスピリットを受け継ぎます。完歩することで得られる達成感は学校生活のさまざまな場面に活きてくるはずです。

このページの先頭へ